格安スマホ本体[ジーニー/geanee FXC-5A]ジェネシスホールディングス

投稿者: | 2014年7月1日


イオンスマホ第2弾で、スマホ本体に採用された「geanee FXC-5A」とは?

geanee「FXC-5A」は、イオンでのみ購入できるSIMフリー3Gスマホです。

本体価格(一括・分割)

イオンでの販売価格は、一括払いで15,120円(消費税別)。ドコモなどで販売されている最新Androidスマホが7万円~8万円程度するのと比べると、大幅に安い値段です。
安いとはいえ、スマホとしての機能・性能は標準的なもので、アプリや動画視聴、カメラ撮影などは問題無く使えます。

イオンで分割払いにした場合は、630円の24回払い(支払い方法はイオンカード限定)になります。

備わっていない機能・性能

「geanee FXC-5A」に無い主な機能・性能としては、以下のものがあります。
LTE通信、テレビ(ワンセグ・フルセグ)、NFC(おサイフケータイ)、赤外線通信、防水

テレビ機能は無いと不便という人もいると思いますが、赤外線通信は使う機会がほとんど無くなりましたし、防水性能はお風呂場や海水浴場などで使う機会が無ければ不要です。
NFC(おサイフケータイ)は、ICカード型の電子マネーを別に持ち歩けば無くても困りません。

データ通信・エリア

データ通信は3G通信のみ対応で、LTE通信に対応していないため、最高150Mbpsというような高速データ通信はできません。
とはいっても、3G通信でも最高14Mbpsで、動画視聴や音楽のダウンロードなどには問題無いスピードです。通信エリアもドコモの「FOMAプラスエリア」に対応しており、ほぼ日本全国で使えます。
LINE、メール、Twitter、Facebook、カメラなどのアプリを利用するには十分な性能です。

「安かろう悪かろう」というわけではなく、あまり必要とされない機能・性能を省いて価格を抑え、スマホとしては標準的な機能を備えたものと言えるでしょう。

geanee FXC-5Aの主なスペック

OS:Android 4.4(KitKat) ※Androidのバージョンとしては最新版です
CPU:MT6582M 1.3GHz クアッドコア
メモリ:FLASH ROM 4GB、DDR2 RAM 512MB ※最新スマホに比べると少なめ
サイズ:幅約71.7mm×高さ約144.2mm×厚さ約8.5mm
重さ:約133g ※標準的なスマホと変わらない重さです
ディスプレイ:5インチQHD 960×540ピクセル
カメラ:背面500万画素、前面200万画素 ※最新スマホに比べると画素数が少なめ
SIMスロット:標準SIM×1、microSIM×1 ※SIMカードを2枚同時に挿すことは推奨されていません
microSDカード×1(最大32GB対応)
3.5mmイヤフォンジャック
Bluetooth version 4.0 LE+EDR
Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n 準拠

スマホケース・カバー・フィルムは?

専用アクセサリーも用意されています。
「専用ハードケースgeanee(FXC-5A)」は、クリア・クリアブラック・ラメマゼンタ・ラメクリアの4つのカラーが用意され、各980円(消費税別)。
「反射防止フィルムgeanee(FXC-5A)」は480円(消費税別)。
いずれも、イオン店頭やイオンネットショップ(おうちでイオン)で購入できます。

「geanee FXC-5A」ジーニー用の液晶保護フィルム・保護シート(イオンスマホ第2弾)

リンク

メーカーのサイトはこちら
[G-Phone](株式会社geanee mobile)

販売店・ネット通販

「geanee FXC-5A」本体は、イオンでのみ購入可能です。
イオンなどの即日お渡し可能店舗であれば、本体のみの購入もできます。

[おうちでイオン]イオンスマホのネット通販
イオンのネット通販では、SIMカード(BIGLOBE 3G・LTE)を合わせて契約しないと購入できません。
そのため、SIMフリー端末として本体だけを購入することはできませんが、どうしても通販で本体だけを買いたい場合は、SIMカードを契約してスマホ本体が届いた後に、すぐにSIMカードを解約すれば大丈夫かと思われます(本体代のほかに、SIMカード代と1ヵ月分の利用料などがかかります。また、イオンで「BIGLOBE 3G・LTE」を2014年12月末までに契約した場合は、契約解除料などはかかりません)。