パナソニック「DMC-CM10」LTE通信対応のSIMフリーAndroidカメラ

投稿者: | 2016年1月19日


パナソニックから、LTE通信に対応したデジタルカメラ「DMC-CM10」が発表されました。

発売日は2016年2月25日。予想実売価格は108000円です。

SIMフリーのAndroidデジカメ

「DMC-CM10」には、LTE通信が使えるSIMカードスロットが装備されています。また、OSとしてAndroid5.0が搭載されており、さまざまなアプリを使うことで、撮影した写真をオンラインでクラウドストレージに保存したり、SNSに投稿したりといった使い方が可能となっています。

主な機能・性能など

「DMC-CM10」は、センサーやレンズの小型化・薄型化技術により、デジタル一眼レフカメラ並みの性能を世界最薄サイズで実現しています。

・高精細でノイズを抑えた高感度撮影を実現する20.1M 1.0型高感度MOSセンサー
・ノイズを効果的に抑える高速画像処理ヴィーナスエンジン
・マニュアル操作が楽しめるコントロールリング搭載
・高い描写性能を発揮する ライカ DC エルマリートレンズ

そのほか、タイムラプス機能、タッチパネルモニター、RAW撮影、高速連写、電子水準器、急速充電、などの特徴があります。

SIMカードサイズはmicroSIM。音声通話は非対応です。重さは約203g。

パナソニックの格安SIMに専用プランも

パナソニックの格安SIM「Wonderlink」に、「DMC-CM10」を含むLUMIX CMシリーズ専用SIMとして「Lシリーズ」が用意されます。上りは通信容量無制限で高速通信が使えるプランとなっており、撮影した写真データをアップロードするのに最適です。
下り通信容量が月3GBまでのプランが月額1480円、月5GBまでのプランが月額1980円です。